インプラントに関する理解度チェック

インプラントの治療は、治療期間もかかってしまい、治療費もかなりの高額になってしまいます。
そのため、インプラントがダメになったり、被せものが欠けてしまったりした場合や再度治療が必要になると大変なことになってしまいます。


しかし、インプラントを行ているクリニックなどでは、インプラントに問題が起こってしまった場合に、インプラント本体に関してや、セラミックなどの被せものに関しても保証をしてくれることがあります。

インプラントがダメになってしまう原因はいくつかあります。

まずは、インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病のような状態になってしまいます。

インプラントが歯周病のような状態になってしまうことをインプラント歯周炎と言います。インプラント歯周炎の状態が長く続いてしまうと、インプラントもダメになってしまい、抜け落ちてくることもあります。


次に噛み合せの問題です。インプラントの被せものですが、噛む力や噛み合せ、歯ぎしりの有無にもよりますが、必ずすり減ってしまいます。多くの場合、長い期間の間に少しずつすり減ってしまっても口腔内全体としてみれば、噛み合せは安定します。

インプラントの口コミNET【インプラント歯科の評判、ランキング】

しかし、噛む力や歯ぎしりによって過度にすり減ってしまったり、欠けてしまうこともあります。


また、天然の歯とインプラントの噛み合せの違いにより、問題が生じることがあります。この天然の歯とインプラントの噛み合せの違いですが、天然の歯は、噛むと若干ですが動きます。

これは天然の歯には歯根膜という機構があります。
過度の力が加わると、歯が動くことにより、歯にダメージが加わるのを保護するクッションのような働きがあります。

しかし、インプラントには、このクッションのような働きはありません。

インプラントにダイレクトに力が加わると、インプラントがダメになってしまいます。
つまり、インプラントは、治療後何もしなくても一生持つことはありません。

きちんとしたブラッシングと定期的なメンテナンスが重要です。